2011年3月11日(金) 14:46 ごろ,東日本の太平洋側に非常に強い東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生した. 東北岩手三陸沖や宮城県沖,茨城県沖を震源とする巨大地震となった.
20110515_東日本大震災_福島第1原発_放射能_81220110515_東日本大震災_福島第1原発_放射能_822
この地震によって,東京電力福島第1原子力発電所の1号炉から6号炉が停止した(5号炉,6号炉と4号炉は定期点検で停止していた). また,地震によって引き起こされた大津波により,原子炉使用済核燃料プールを冷却するために必要な外部電源や非常用ディーゼル発電など,全ての電源が失われた. いわゆる,起きてはならぬ電源喪失(冷却喪失)が起きてしまったのだ.
20110314_東日本大震災_福島第1原発_燃料棒露出_放射能_01220110314_東日本大震災_福島第1原発_燃料棒露出_放射能_022
2011年3月11日(金) 19:03 に枝野幸男官房長官が記者会見にて,原子力緊急事態宣言を発令した. この時,まさか関東圏までに放射能が飛散するとは,誰もが思っていなかったに違いない.
▼技術的な根拠の提示もなく「ただちに健康に影響はない」,「悪い影響示す数値はない」を繰り返す枝野官房長官(官邸).
20110316_原子力緊急事態宣言_枝野官房長官_1201_DSC06920T20110316_原子力緊急事態宣言_枝野官房長官_1200_DSC06917T
2011年3月15日(火)は,東京湾内にまだ津波警報も出ている時期で,JR京葉線も運休となっていて,まだ自宅待機となっていた市民も多かったころだ. この日の朝,関東圏で異変にいち早く気がついていた人たちがいた. 国の研究機関や,企業の研究機関などだ. この異変を察知し,家族をいち早く関西方面に避難させた家庭もあったようだ. 千葉県でも,この異変に気がついていた所があった...
続きを読む