船橋市浜町2丁目ららぽーとTOKYO-BAY(当初,はららぽーと船橋ショッピングセンター)は,当時東洋一のレジャー施設だった船橋ヘルスセンター跡地に作られた巨大ショッピングセンターだ. モール型ショッピングセンターの先駆者として1981年4月2日にオープンし,今年で30周年を迎えた.
20110730_船橋市浜町2_ららぽーとTOKYO-BAY_特高受変電設備_1526_DSC0993420110730_船橋市浜町2_ららぽーとTOKYO-BAY_特高受変電設備_1526_DSC09933
絶えず進化し続けてきたららぽーとTOKYO-BAYだが,さらなる成長に向けて新たなプランを出している. そのひとつが,ららぽーと西館(旧,ららぽーとウェスト)の建替えだ. ららぽーと西館は,正月明けの2012年1月末をもって完全営業終了し,現施設を解体する工事に入る. そこに,新たな施設を建設し,2013年度中には再オープンする予定だ.
20110917_船橋市浜町2_ららぽーとTOKYO-BAY_特高受変電設備_0918_DSC0343920110730_船橋市浜町2_ららぽーとTOKYO-BAY_特高受変電設備_1525_DSC09928
さらに,その向かいの三井ガーデンホテル船橋ららぽーと(当初は,サンガーデンホテル)も,2011年6月末で宿泊部門の営業を終了し,宴会部門(結婚式)は 2011年秋で完全終了する. ホテル施設も解体するようだ.
20110917_船橋市浜町2_ららぽーとTOKYO-BAY_特高受変電設備_0917_DSC0342820110917_船橋市浜町2_ららぽーTOKYO-BAYと_特高受変電設備_0917_DSC03429
これらの解体にあわせて,東京電力からの受電設備を第5駐車場わきに新規建設することになった. 三井ガーデンホテルズ船橋ららぽーとのバス専用駐車場として使っていた場所で,交番の隣りとなる. 今回解体する設備に受電設備が含まれていたのと,設備の老朽化のためだ. 新しい受電施設は2階建てになるが,マンションの階数で換算すると5階建て程度の規模となる.
20110917_船橋市浜町2_ららぽーとTOKYO-BAY_特高受変電設備_0917_DSC0343020110917_船橋市浜町2_ららぽーとTOKYO-BAY_特高受変電設備_0917_DSC03432
人気ブログランキングへ
<関連記事>
(2011年08月14日)ららぽーとTOKYO-BAYは30周年@三井ガーデンホテルズ船橋ららぽーとは営業終了編(3)
(2011年06月04日)東北地方太平洋沖地震@三井ガーデンホテル船橋ららぽーとは営業終了(240)
(2011年05月15日)ららぽーとTOKYO-BAYは30周年@西館は建替え編(2)
(2011年06月04日)東北地方太平洋沖地震@三井ガーデンホテル船橋ららぽーとは営業終了(240)
(2011年03月13日)東北地方太平洋沖地震@ららぽーとTOKYO-BAY無料送迎バスは運行中止(81)
(2011年03月04日)ららぽーとTOKYO-BAYは30周年@からくり時計編(1)