1955年(昭和30年)にオープンした船橋ヘルスセンターの跡地に作られたのが,ららぽーとTOKYO-BAY(当初は,船橋ショッピングセンターららぽーと)だ. ららぽーとTOKYO-BAYは,今でも年間 2200万人も来店する巨大ショッピングセンターとして輝きを失っていない. ららぽーとのポートは,を由来にネーミングされた.
20040818_ららぽーとTOKYO-BAY_からくり時計_DSC0870220040912_0107_船橋市浜町2_ららぽーと_20040911_DSC09516
日本の経済とともに発展した百貨店(デパートメントストア)全盛期の時代であり,「交通の便もよくない郊外に,こんな巨大な店舗を作るのは無謀だ」といわれながらも,TOKYO-BAYららぽーとは,1981年(昭和56年)4月2日にオープンした,
20090704_ららぽーとTOKYO-BAY_からくり時計_泣く_1700_DSC0260420090717_ららぽーとTOKYO-BAY_からくり時計_泣く_0851_DSC04194
アメリカ型ショッピングモールの先駆けとして,ハワイのアラモアナショッピングセンターをモデルに作られた. ららぽーと1(現在の,北館)を中心に,東側にダイエー,西側にそごうという構成だった.
20110303_ららぽーとTOKYO-BAY_からくり時計_2130_DSC0760320110303_ららぽーとTOKYO-BAY_からくり時計_2130_DSC07604
1981年(昭和56年)4月2日のオープン時には,雨にもかかわらず4万人が行列を作り,1日の来店者は 25万人にもなった. しかし,JR京葉線(当時は国鉄)や湾岸道路も開通していなかったこともあり,厳しい時代がしばらく続いた. その後,1988年(昭和63年)3月にららぽーと2がオープン,1998年(平成10年)にハーバーグリルがオープン,2000年(平成12年)4月にららぽーと3がオープンして今の姿になった.
20110305_ららぽーとTOKYO-BAY_からくり時計_1015_DSC08008T20110305_ららぽーとTOKYO-BAY_からくり時計_1012_DSC07999
そごうの破綻により,船橋そごうの土地と建物を取得し,2001年にららぽーとウエストがリニューアルオープンされた. その20周年記念としてハーバー通り(現在の,時計の広場)に設置されたモニュメントが,からくり時計からくりちゃんだった.
20110305_ららぽーとTOKYO-BAY_からくり時計_1013_DSC0800020110305_ららぽーとTOKYO-BAY_からくり時計_1015_DSC08008
しかし,防水対策が不十分だったのだろう. 雨風にさらされ,30周年をまたずに壊れてしまった. そして2011年2月24日にはからくりちゃん撤去され,2011年4月2日の30周年式典には,新しいからくり時計がデビューするはずだった.
続きを読む